老人性イボ 治療保険 治療薬 治療費

老人性イボ治療に保険は適用?気になる治療費や治療薬は?

 

 

 

老人性イボを治療するとき、保険で治療できるのか心配になりますよね。
皮膚科や美容外科に行って老人性イボを治療するのですが、除去方法によっては

 

『保険適用』

 

の治療もあります!
保険適用といっても、治療費がどのくらいかかるのか、どのような治療薬があるのか気になりますよね。

 

まず、老人性イボの治療にどの方法が保険適用なのかいうと

 

・ハサミで切除
・液体窒素
・外科的手術

 

があるのですが、医療機関によっては異なる場合もあるので、よく相談してから治療してください!
今回は、それぞれの治療にどのくらいの治療費がかかるのか、また、治療薬について解説していきます!

 

 

 

保険治療の費用は?

 

 

 

老人性イボは保険で治療することは可能ですが、医療機関によってことなるので注意が必要です。
もし、医療機関にかかって治療するのであれば、内容や治療費についてよく理解しておく必要があります!

 

ではそれぞれの治療が、どのくらい治療費がかかるのか見ていきましょう!

 

・ハサミで切除
診察料や治療薬が別途かかる。
治療終了までに、約1500円〜5000円程度かかる。

 

・液体窒素
診察料や治療薬が別途かかる。
治療終了までに、約6000円〜8000円程度かかる。

 

・外科的手術
診察料や治療薬が別途かかる。
治療をするのに、約6000円から15000円程度かかる。
大きい老人性イボに行う手術なので、悪性腫瘍でないか検査に出す場合もある。

 

どの治療法も、老人性イボの状態や個数によって異なります。
もし医療機関で切除したいのであれば、担当医に治療の概算を聞いておくと良いでしょう!

 

また、治療費の他に、切除した部分のアフターケア用の薬を処方される場合もあります。
なので別途、薬代が掛かるのを覚えておくと良いでしょう!

 

 

 

治療薬にはどのようなものがあるの?

 

 

老人性イボを保険治療で治したいと考える方は、皮膚科などで老人性イボの治療薬を処方してもらう場合もあります。

 

どのような薬が処方されるのかというと

 

『ヨクイニン』

 

という漢方が処方されます。
このヨクイニンという治療薬には、

 

『肌の新陳代謝を高める』

 

効果があります。
肌の老化によって下がってしまった新陳代謝を高めることで、老人性イボを除去できるのです!
即効性はないので、長期間飲み続ける必要があります。

 

治療薬で時間を掛けて治すのが面倒といった方には、治療費を掛けて切除することをオススメします!
他にも、自宅に居ながら老人性イボを保険適用ではないけれど治療する方法もあるので、検討してみると良いでしょう♪

 

 

⇒老人性イボをコスメで改善!